WS000030
WS000029

 

胃の構造

胃は食道に続く臓器で、消化管のなかでもっとも拡張した袋状の部分である。

入り口を噴門、噴門から上部を胃底部、中央を胃体部、出口手前を前庭部、

出口を幽門といい幽門をでると十二指腸に続く。

 

また、胃は右側にカーブしており、そのカーブの内側を小彎、外側を大彎とう。

小彎がUターンするように彎曲する部分は胃角という。

「胃癌取扱い規約」では、小彎、大彎を各々3等分し、それぞれの対応点を結んで、

胃上部(u)、胃中部(M)、胃下部(L)の3領域に分けている。

 

胃の大きさは成人で大湾45㌢、小湾長15㌢、容量は約1,5㍑であるが個人差があり、

日頃の食物摂取量を反映するという。

胃は腹部にある袋状の臓器であり第11胸椎から仙椎に及ぶ範囲に広がり第1腰椎で

十二指腸に続く。

 

⇒胃の構造と機能について