★灰白質の各部のはたらき

大脳皮質

灰白質(大脳皮質)は、

前頭葉側頭葉頭頂葉後頭葉、および大脳辺縁系に分けられる。

WS000003

前頭葉

 

四肢の運動などに関係する。

中心溝の前にある中心前回(前ローランド脳回)は

運動野とよばれ(運動領野または運動皮質ともよぶ)、

反対側の身体各部に対応する運動の中枢である。

 

反対側の運動を支配するのは、錐体路とよばれる運動神経線維束が

延髄下部で交差(交叉)していることによる。

 

また、前頭葉下部には、運動性言語中枢(ブローカ中枢)が存在する。

右ききの人の96%、左ききの人の70%が、左側にあるといわれている。

 

運動野が障害されると、反対側に片麻痺などの種々の運動麻痺を生じ、

ブローカ中枢が障害されると、運動失語が起こる。

優位側の前頭葉の障害では、行動や人格に変化が生じ、記銘力が低下する。

 

非優位側の前頭葉のはたらきは、

ほとんど知られていない(ここをサイレント領域とよぶ)。

側頭葉

大脳半球の外側にあり、音の理解や、聴覚・嗅覚・味覚と関係が深い。

そして、優位側上側頭回に感覚性言語中枢(ウェルニッケ中枢)がある。

 

側頭葉の障害では、聴覚障害やてんかんの一種である精神運動発作、

障害と反対側の四分の一半盲などが起こる。

 

優位側側頭葉の障害では、感覚失語が起こる。

 

 

頭頂葉

前頭葉の後方、側頭葉の上方にある。

 

感覚・行動・計算・書字と関係が深く、とくに中心溝のすぐ後方にある

中心後回(後ローランド脳回)は、感覚野ともいわれ、

反対側の身体各部からの温度覚・痛覚・触覚・深部感覚などの感覚が、

同側の視床を経てここに伝達される。

 

頭頂葉の障害では、各種の感覚障害が起こり、

身体各部の認識や左右の区別ができなくなる。

また、計算もできなくなる。

 

ゲルストマン症候群(手指失認、左右識別障害、失書、失算)は、

優位側の頭頂葉障害でみられる。

 

後頭葉

大脳半球最後部にあり、視覚とその認識に関係する(視覚野)。

片側の後頭葉が障害されると、両眼ともに障害と反対側の視覚欠損が生じる。

 

両側の後頭葉が広範に障害されれば、皮質盲となる。

 

大脳辺縁系

前頭葉の下内側面の嗅脳・帯状回や、側頭葉の下内側面の海馬回などからなる。

怒り・恐怖などの情動や記憶との関係が深い。

 

大脳辺縁系の障害で、精神運動発作をきたす。

 

コルサコフ症候群(最近の事象の記憶障害、失見当識、作話)は、

この部位の両側性障害で起こる。

⇒続きはこちら☆