WS000006

 

骨の形態・種類
人体には200個以上の骨があり、その形や機能によっていくつかの種類に分類される。

・長骨(上腕骨、橈骨、尺骨、大腿骨、腓骨)

上腕骨のように長い骨で、長い管状の骨幹の両端には膨らんだ骨端がある。

表面からみると長骨は緻密な骨(緻密質)からできているように見えるが、

その内部は疎な構造物(海綿質)になっていて、骨髄が入っている。

 

短骨(手根骨、足根骨)

手根骨のような立方形ないし積木状の短い骨をいう。

その緻密質は長骨のものより薄く、明瞭な境界ないし海綿質に移行している。

 

扁平骨(頭蓋骨、胸骨、肋骨、肩甲骨、寛骨(腸骨・恥骨・坐骨)

扁平な骨である。

2層の硬い緻密質に挟まれて、薄い海綿質が存在する。

頭蓋骨のほかに、胸骨、肋骨、肩甲骨、腸骨などが扁平骨に属する。

 

種子骨

腱の中にある小さな骨である。

手関節のように特殊な負荷を受ける腱に形成される。

種子骨の数は人によって異なる。

誰にでも存在する最大の種子骨は膝蓋骨である。

 

不規則骨

形が不規則で、上記のどの範疇にも入らない骨である。

これに椎骨や顔面頭蓋の多くの骨が属する。

 

・骨の貫通路

多くの骨には骨の貫通する血管や神経などの通路がある。

・孔は血管、神経、靱帯などが通る開口部である。大後頭孔には脊髄が通る。

・窩や切痕には筋や腱などの構造物がはまり込む。

・道は骨内部にある長い通路である。

 

・含気骨

質量を軽減するため、頭蓋骨の一部の骨には空気が入る空洞(副鼻腔)があり、

内面は粘膜で覆われている。

このうな骨を含気骨といい、前頭骨、し骨、蝶形骨、上顎骨などがある。

 

骨の機能
骨は運動器の一構成成分である、骨格を形成して身体の形を保ち、

運動や姿勢に関与するとともに、脳や内臓器を保護する役割も担っている。

また、骨髄内では赤血球・白血球・血小板などを産生して造血機能が営まれ、

抗体もつくられている。

さらにカルシウムやリンなどの無機質の貯蔵庫として機能し、

これらの代謝に重要な役割を果たしている。

骨の構造と機能