顔面表情筋の随意運動

 

前頭葉の運動野に発した神経線維は、皮質核路内を通って同側の大脳内を下行し、

内包を経由して橋で交差し、反対側にある顔面神経運動枝核に達する。

 

神経核から顔面表情筋群に刺激を伝達し、表情をつくる。

 

錐体外路

錐体外路は、錐体路以外の運動系の伝導路の総称である。

 

前頭葉の運動野に発する運動神経線維系で、

大脳深部に存在する尾状核・被穀・淡蒼球・前障・扁桃体と、

これらに隣接する間脳のルイス体(視床下核)や中脳の黒質、

さらには小脳などに連絡する。

 

 

それらの神経核を中継してから脊髄を下行し、脊髄前角細胞に達する。

それぞれ筋収縮に対して促進的にはたらいたり、抑制的にはたらいたりして、

微妙な運動や、筋の緊張を調節し、円滑な運動を実現している。

 

ヒトが随意的には機能させられない。

この系の異常によって、さまざまな不随意運動をきたす。

 

WS000005

内包

 

内包は、視床と被穀などにはさまれた細長い部分である。

ここは、運動系・感覚系の重要な神経線維束が密集しているところである。

 

この部位が脳出血や脳梗塞などで障害を受けると、

たとえ小さな病変であっても片麻痺などの大きな機能障害を生じる。

⇒続きはこちら☆