WS000010

 

WS000011

 

WS000012

 

脊髄神経

 

・脊髄は硬膜に包まれ、脊髄液で満たされて脊柱管内にあり、分節状に分かれている。

 

脊髄神経は脳から連続した中枢神経で、各脊椎の両側から神経根を出しながら、

成人では第1腰椎の高さで終わり、脊髄円錐の下から馬尾神経となる。

 

脊髄神経は脊髄の各分節で灰白質の全角から運動神経である前根と

灰白質の後角から覚神経である後根が脊椎の出口で合わさり、

これがいくつか集合して束となって神経叢を形成する。

これら神経叢は腕神経叢となり、下肢では腰仙神経叢となってさらに

枝分かれして身体各部に分布している。

 

・頸髄は頸椎椎体の数より1つ多い、8髄節からなり、胸髄、腰髄、仙髄は、

椎体と同数の神経根を出す。

 

・主に第5頸神経から第1胸神経までが上肢を、第1腰神経から第1仙骨神経までが下肢を支配する。

 

・脊髄の横断面をみると中央にH字形をした灰白質があり、白質に包まれている。

灰白質は神経細胞(ニューロン)で中心管、前角、後角、側角で構成され、

白質には神経線維がある。

 

・末梢神経のうち、前角細胞より発した運動神経線維は筋線維に到達したところで

終板となって終わる。

 

・末梢知覚神経には筋肉や腱、関節の深部で起こる深部知覚神経があり、

(筋紡錘や腱紡錘)、これに加わった刺激を中枢へ伝える。(求心性神経)

 

・皮膚にはさまざまな形態の知覚神経終末があり多数の神経線維が網目状に配列されている。

関節と機能と構造