≪脳幹≫

大脳に近い部分から、

間脳、中脳、橋、延髄と続き、延髄の下部で脊髄に連結している。

 

大脳と他の中枢神経と末梢とを連結する神経線維束の通路でもあり、

また、各部の固有のはたらきを担う神経細胞の集団(神経核)がある。

 

Ⅰ、間脳

間脳は大脳と中脳をつなぐ位置にある。

⇒続きはこちら☆

第三脳室を囲むように視床があり、その腹側には視床下部、

その背側には視床上部がある。また、この部位の障害で、除皮質硬直を呈する。

1、視床

全身からの感覚を伝えるすべての上行性神経線維や、

小脳からの神経線維を受け、大脳皮質へ刺激を伝える役割を果たす。

そのため、感覚と密に関係し、意識や情動にも関与している。

 

 

2、視床下部

 

視床の腹側にあり、底面に接する下垂体とも連絡している。

自律神経の多くの中枢があり、水分代謝や体温調節、食欲・睡眠などの中枢がある。

 

また、下垂体ホルモンの分泌調節作用もある。

 

 

3、視床上部

 

視床の上部にあり、松果体を含む。この部位の腫瘍で性的早熟がみられる。

 

 

Ⅱ、中脳

中脳には錐体外路系の神経細胞集団や、

眼球運動に関与する神経核がある(動眼神経・滑車神経)。

 

また、大脳脚という白質が左右に1対あり、

ここを錐体路などの神経線維束が走行している。

この部位の障害で除脳硬直を呈する。

 

 

Ⅲ、橋

 

橋は、三叉神経・外転神経・顔面神経・聴神経の神経核をもつ。

 

背景には、脳幹網様体がある。

これは間脳から延髄にまで広がるが、大脳皮質や視床と連絡を持ち、

意識の保持などに関与している。

 

 

Ⅳ、延髄
延髄は、聴神経・舌咽神経・迷走神経・副神経・舌下神経の神経核をもつ。

 

また、呼吸中枢、心臓・循環中枢、咳中枢、嘔吐中枢、

嚥下中枢、発汗中枢、唾液分泌中枢など、生命維持に欠かせない中枢がある。

 

⇒続きはこちら☆