WS000002

【尿路の構造と働き】
尿の輸送には、上部尿路(腎盂・尿管)、下部尿路(膀胱・尿道)が関与する

尿管;腎盂に始まり腎門を出て腹膜の後を下がり、膀胱の底(尿管口)に達する一対の管である。
尿は、尿管壁の平滑筋の収縮(1分間に1~4回の蠕動運動)によって、体位に関係無く腎盂に停滞せずに膀胱へ少しづつ(毎分約1ml)送られる。

尿管は膀胱壁を斜めに貫通しているので、膀胱内圧は尿管を圧迫し、尿の尿管への逆流を防いでいる。
蠕動波の頻度は、副交感神経が刺激されると多くなり、交換神経が刺激されると減少する。
膀胱;約350mlの容量をもつ筋性の嚢である。内方から粘膜、筋層、外膜の3層からなり、粘膜は多くのしわがあるが、膀胱床の膀胱三角は平滑である。

膀胱三角の後方隅角に尿管が開き、内尿道口から尿道へと続いている。

内尿道口は恥骨結合の中央の高さにある。筋層は、3層の平滑筋(不随意筋)で、その収縮によって尿を排出するので排尿筋と呼ばれ、内尿道口の周りでは肥厚して膀胱括約筋を作っている。

乳幼児の場合は、内尿道口は恥骨結合の上縁、膀胱前面は恥骨結合と臍の間の下2/3の部位に接し、むしろ腹腔臓器といえる。

尿道;男性尿道‐16~18cm。前立腺から陰茎の中をS状に湾曲して通り、亀頭尖端に開口する。

女性尿道‐3~4cm。拡張性に富み、膣の前方を下がり、膣口の前に開口する。この構造上、細菌が上高して膀胱に入りやすいため、女性は膀胱炎が多い。

⇒続きはこちら☆