【排尿の仕組み】
 膀胱内の尿量がある程度になると、体外に排泄される。排尿は、内尿道口周囲の膀胱括約筋(内括約筋)と尿道の骨盤底貫通部を取り囲む尿道括約筋(外括約筋)の協調によって行われている。

排尿筋と膀胱括約筋は、共に平滑筋性で、自律神経に支配されている。
尿道括約筋は骨格筋性で体性神経(陰部神経)の支配を受け、常に緊張・収縮して尿の漏出を防いでいる。

通常、尿が300~400mlに達すると内圧は急上昇して100cmH2O近くになり、膀胱内にある内圧を感知するセンサーから内圧上昇の情報が、知覚神経によって脊髄の腰髄、仙髄にある排尿中枢(膀胱中枢に)伝えられる。

すると、反射的にここから出る運動性の骨盤神経(仙髄副甲状腺神経)によって膀胱壁の排尿筋が収縮し、膀胱括約筋が弛緩し、内尿道口から尿が排泄される。
 しかし、私達は、排尿を途中で中断したり、排尿を我慢することができる。

これは、排尿反射が高位中枢(大脳皮質)のコントロールを受けており、意識的に排尿を調節することができるからである。

陰部神経によって意識的に尿道括約筋を収縮させ、排尿を抑える。

しかし、内圧が約100cmH2Oを超えると、意志の力で排尿を押さえることができず、尿道括約筋の収縮はこの圧に抗しきれず、排尿をおこす。

膀胱炎や神経過敏な人は、膀胱壁が過敏になっていて、わずかの尿がたまっても尿意を感じる。

逆に睡眠中は、膀胱壁の緊張が緩み、相当量たまっても尿意を起こさない。
また、射精のときは、交換神経の作用で膀胱括約筋が収縮し、精液の膀胱への逆流を防いでいる。

⇒続きはこちら☆