脊髄
脊髄は、脊椎の椎体と椎弓で形成される脊柱管の中におさまっている。

上は大後頭孔の高さで延髄に続き、下は脊髄円錐となって、

ほぼ第2腰椎の高さで終わる。
頸部と腰部では灰白質が多く、膨大している(これを頸膨大、腰膨大とよぶ)。

脊髄下端は、終糸となって終わる。

 

脊髄の両側面から脊髄神経が出ており、

部位に対応して頸髄、胸髄、腰髄、仙髄とよぶ。

 

脊髄円錐より下では、脊髄神経がその形状から馬尾神経とよばれる。

 

WS000007

 

 

灰白質・白質の位置関係は脊髄では逆転し、

灰白質は脊髄の中心部に、白質はその外側に位置している。

 

脊髄内の白質(神経伝導路)には、脳からの運動刺激を伝える

下行性神経伝導路(錐体路など)と、

末梢からの感覚刺激を中枢に伝える

上行性神経伝導路(脊髄視床路や脊髄小脳路など)とがある。

 
脊髄内の灰白質には、前角・後角・中間質などがある。

 

 

運動系

 
大脳皮質の運動野からの指令を伝える下行性神経線維は、

脊髄前角の前角細胞に刺激を伝える。

 

前角細胞に始まる第二次ニューロン(末梢神経)は、

前根として脊髄を出て後根と一緒になり、脊髄神経となる。

その後、各支配筋に刺激を伝達する。

 

感覚系
皮膚・腱などの感覚受容器で感知した刺激は、脊髄神経内を上行し、

脊髄神経節を経て、後根から脊髄後角に達する。

 

この先の経路はいくつかに分かれるが、視床を経て大脳皮質か小脳へ達する。
脊髄神経の感覚線維が受け持っている体表面域は、

その脊髄神経がはいっている脊髄の各部位に対置される。

 

そのようにして表示した体表面域を、皮膚分節(ダーマトーム)という。

 

反射
脊髄には、その機能の一つとして反射運動(脊髄反射)がある。

 

末梢からの刺激が、

求心性ニューロン⇒(反射の中枢)⇒遠心性ニューロン

と伝わって、反射が起こる。

 

この反射の回路を反射弓という。

介在ニューロンを経ない、最も簡単な反射弓もある。

 
反射には、表在反射、深部反射(腱伸張反射)、病的反射がある。

 

深部反射の反射弓は、皮膚からの刺激が脊髄の反射中枢レベルで形成しているが、

表在反射の反射弓は大脳まで上行して形成している。

 

そのため、錐体路レベルで障害があると、

深部反射では反射亢進、表在反射では反射消失という違いが生じる。

 

⇒続きはこちら☆