☆どんな検査か☆
・内視鏡的進行性膵胆管造影(ERCP)は、膵胆道系のX線診断法である。
十二指腸ファイバースコープを用いてVater乳頭部より造影用カテーテ
ルを挿入し、造影剤を注入することにより、膵管あるいは胆道を造影す
る方法である。

*胆管が写らず膵管のみ造影されたものをERP、逆に膵管が写らず胆管のみ造影されたものをERCと呼ぶことがある。

☆目的☆
・十二指腸乳頭部病変の診断、膵疾患や胆道疾患の診断において病変の部位診断並びに質的診断に役立つ。
内視鏡的膵胆管造影は内視鏡的乳頭切開術(EST)、内視鏡的カテーテル留置法、内視鏡的逆行性胆管ドレナージ(ERBD)、胆石除去術、胆道スタント挿入、細胞診(膵液,胆汁)、内視鏡的膵胆管鏡検査などの治療や診断の基本的手技である。

☆適応☆
内視鏡的膵胆管造影の適応は、膵管や胆管の直接造影として膵疾患や胆道疾患の全てに及ぶが、US、CTなど他の画像診断と組み合わせて検査対象を選択する必要がある。

☆禁忌☆
・膵や胆管の感染症で急性期のものや使用薬剤、特に造影剤に過敏症のあるもの。
*急性胆炎発症直後や、胆道感染を起こしているときには、内視鏡的逆行性膵胆管造影によって病態が悪化する。検査前にアミラーゼ値の高値や白血球数の増加など検査データの異常があったり、発熱、疼痛などの症状がある場合には、検査医に報告し、検査の実施を再確認する。

*胃切除後B—Ⅱ法再建など消化管再建方法によっては、ERCP検査が困難な場合がある。

⇒続きはこちら☆