☆検査前に済ませておくこと☆

・担当医師が、患者・家族に検査の必要性・方法・合併症の可能性などを説明し、承諾を得る。
・検査の必要物品を用意する。
・内視鏡伝票、消化管造影伝票を確認する。
・検査前日の21時以降から検査終了まで、絶飲食とする。
・飲食制限について前日のうちに患者に説明し、理解を得る。
・内服薬については、検査前日の眠前薬までとし、以後は検査後の禁飲食が解除されるまで中止する。
・喫煙によって胃液の分泌が刺激されるため、検査前は禁煙とする。
・患者は、検査に伴う苦痛への不安を抱きがちである。病棟看護師は患者の不安を受け止め、検査の進め方や医師・看護師が患者の様子を見て適切な対応をとることなどをわかりやすく説明し、患者ができるだけ平静に検査を受けられるように援助する。
・検査時間がやや長時間に及ぶ場合があるが、状態により適宜、鎮痛薬・鎮静薬などを使用することを説明する。

⇒続きはこちら☆