経皮経肝胆管ドレナージ(PTCD)とは経皮経肝胆管造影施行後に胆管内にドレーンを挿入し、外胆汁瘻を作製する非観血的な胆道減圧術である。

目的
•閉塞性黄疸のある患者にエコー下で経皮的に肝臓を通して胆道を穿刺し、造影剤を注入して閉塞,狭窄の部位を知り病変を知る。
•続いてドレナージチューブを挿入・留置し、外胆汁瘻を作成し、黄疸の軽減と全身状態の改善を図る
•高度閉塞性黄疸,重症胆管炎,切除不能胆道糸進行癌などで、肝内胆管が拡張している場合、胆汁誘導,胆管内容物の排除、薬剤注入,結石の切石・溶解や排除などの目的のため用いられる。

方法
•PTCDの穿刺方法には、X線透視下での穿刺と超音波誘導下での穿刺がある。
•穿刺部位は右側胸壁で、肝,胆のう,肝外胆管,大腸などを穿刺する危険がない部位である。

⇒続きはこちら☆