検査部位
肛門や直腸、結腸、小腸末端を検査できる。

検査の適用
肛門から大腸内に内視鏡を挿入して、回盲部までの大腸粘膜面の観察、小手術を行う。
大腸全領域の観察をトータルコロノスコピー、S状結腸までの観察をシグモイドスコピーという。通常20~60分程度で終了する。

検査の目的
・ 大腸粘膜病変の肉眼的診断
・ 病変部からの生検による病理組織学的診断
・ 腫瘍などの小病変の切除(ポリペクトミー)

禁忌
①腸管穿孔、もしくはその危険性が非常に高い腸閉塞
②中毒性巨大結腸症
③重篤な炎症性疾患

検査前に済ませておくこと
下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡検査)は、腸管内を空にしておかなければ十分な観察ができない。糞便の残留がないようにしておくために、前処置は大変重要である。よって、担当医師が、患者・家族に検査の必要性・方法・合併症の可能性などを説明し、承諾書を得て検査に協力を得る。
・医師が前処置用の薬剤を処方する:ラキソベロン (大腸刺激性下剤)4錠、マグコロールP (塩類下剤)1包、ニフレック (腸管洗浄剤)1包、アセナリン (胃腸機能調整薬)9錠。
・検査前日の15時と18時に、アセナリンを3錠ずつ内服する。
・21時に、ラキソベロン4錠を内服する。
・高齢者や便秘の患者に対しては、医師の指示によりマグコロールP1包+水500mlを加えることもある。

⇒続きはこちら☆