《検査当日の手順》
①検査直前になったら、患者に排尿を促す。
②手術室より連絡を受けたら、患者を手術室に移送する。
③前処置が終了したら、患者をⅩ線撮影室に移送する。
④Ⅹ線撮影室では、患者を撮影台に移動する。
⑤指示量の造影剤、生理的食塩水、硫酸アミカシンを注射器に準備する。
⑥患者の体位を截石位とする。
⑦医師が尿管カテーテルを挿入し、造影剤を注入する。
・看護師は患者の状態を観察し、造影剤の副作用が現れてこないか注意する。
⑧撮影が終了したら、患者をストレッチャーに移動し、手術室または病室に戻る。
⑨挿入した尿管カテーテルを、手術室または病室で抜去する。

《検査後に注意すべきこと》
・バイタルサイン、一般状態、尿道からの出血、尿道痛、排尿痛などをチェックし、合併症を疑わせる症状が出現したら、すぐ医師に連絡する(表2)。
・検査翌日に医師が回診するまで安静臥床を保つよう指示する。
・翌朝まで禁食とする。
《とくに患者に注意してもらうこと》
・造影剤の排泄を促すために、できるだけ水分を摂取する。
・疼痛のため排尿をいやがる場合があるので、必要性を説明する。
・一時的に血尿が出ることがあるため、排尿時に尿の色を観察する。
・排尿時痛が強い場合はすぐに知らせる。