≪腋窩用体温計:電子体温計≫
 ①腋窩部位に発汗がみられる場合は、タオルで軽く押さえて汗を拭く。
 ②デジタル表示部に電池、電圧表示サインが表れているか確認する。
 ③体温計の感知部位(プローブ)を、腋窩中央45度の角度に挿入して腋で押さえる。
 ④ピピッの合図音が聞こえたら、静かに体温計をはずす。
 ⑤体温計を消毒綿で拭いてから、収納ケースにしまう。充電式の電子体温計は、充電  セッティングをする。
 
看護上の留意点
 ・水銀ガラス体温計は、破損しないように取り扱いに注意する。
 ・乳児の手の届く場所には、絶対に体温計を置かない。
 ・下痢が持続している乳児は、直腸用体温計を使用すると直腸刺激になるので、液窩で体温を測定する。

バイタルサイン測定のコツ
 ・乳幼児のバイタルサインの測定は、呼吸→脈拍→体温の順で測定すると、安静値を得やすい。
 ・測定するときに怖がる小児は、遊びの工夫(ぬいぐるみを使用する、測定前に絵本を読む、など)をしながら、測定するとよい。

⇒続きはこちら☆