<実施中>

① 上半身脱衣し、側胸部下にビニールシーツを敷く

② 体位は仰臥位とし、患者上肢を頭のほうに挙上する

③ ドレーン刺入部位を中心に広範囲に消毒する

④ 医師に滅菌手袋、四角布、皮膚切開セット一式、トラカールカテーテル、絹糸、その他の必要物品を渡す

局所麻酔→皮膚の切開→カテーテルの挿入→絹糸で1針縫合した後、絹糸をカテーテルに巻きつけ固定する→絆創膏によるカテーテルの固定→接続チューブをつなぎ吸引器へ接続

⑤ 切開部を消毒後、滅菌ガーゼにて創部を保護する

⑥ 挿入中、患者の苦痛、疼痛、咳嗽、顔色、呼吸困難の観察を行う。カテーテルが挿入されると、その刺激や急激な肺の膨張により咳嗽が増強することがある

⑦ 挿入後は胸部X線写真によりドレーンの位置、肺の膨張の程度が確認される

⑧ 低圧持続吸引器の吸引圧は、成人の場合、通常の-10~-15cmH2Oとする。初期は-7cmH2O前後で吸引することもある

⑨ 患者に処置が終了したことを告げ、気分不快や痛みがないかを聞き、ねぎらいの言葉をかける

⇒続きはこちら☆