<検査前>
・検査についての説明を行い、不安や不明な点はないか確認し、気持ちの表出をはかる。
・必要に応じて、穿刺部位の徐毛を行う。
・身体的準備の確認を行う。
・検査に向けて、検査衣への着替え、検査台への移動、体位の固定を行う。
*一つ一つの処置に対して説明を行い、羞恥心や安全に留意して行う

<検査中>
・検査中は患者に声をかけ、必要に応じて、現在の状態などわかりやすく説明を行う。
・心電図モニター・VSの変動に留意し、異常の早期発見に努める。
・転倒・転落を起こさないよう安全に留意する。

<検査後>
・検査終了後、圧迫止血を行う。
・穿刺部位の疼痛の有無、穿刺肢の皮膚・爪の色・神経障害の有無、徐脈や気分不快、血圧低下など、検査に伴う血管迷走神経反射の有無の確認。
・穿刺部位の安静
・水分摂取の促し