は、その機能・構造から大脳、脳幹(間脳・中脳・橋・延髄)、

小脳に分けられる。

WS000000

Ⅰ、大脳

1、大脳構造と各部の名称

 

大脳半球表面を観察すると、脳溝とよばれる数多くの溝がみられる。

著明な脳溝のうち、中心溝(ローランド溝)によって前頭葉と頭頂葉が、

外側溝(シルビウス溝)によって前頭葉と側頭葉が区別される。

 

そのほか、後頭葉、大脳辺縁系などが構造的に区別される。

各脳葉はそれぞれに特徴的な機能を持っている。

WS000001

 

 

大脳半球内部を肉眼的に見てみると、半球表面にある灰白質(大脳皮質)と、

その下に続く白質(皮質下組織)に分けられる。

 

灰白質は神経細胞の集合であり、

白質は神経細胞から長く伸び出た神経線維の集団である。

 

なお、半球深部にも灰白質があり、

大脳基底核とよばれる神経細胞の集団を作っている。

 

左右のそれぞれの大脳半球は、脳梁で連絡されている。

灰白質、白質とも、その病的変化(脳腫瘍や外傷による損傷など)の観察・分析や

動物実験の積み重ねなどによって、部位ごとの働き(機能の局在)が

解明されてきている。

次にその部位による働きを説明する。

WS000002

⇒続きはこちら☆