【合併症】
① 不均衡症候群
血液中の電解質や尿素などが透析で早く取り除かれるのに対して、脳細胞内の電解質や尿毒素は遅れる。そのために血液と脳との間に濃度差が生じて水分が脳の中に引き込まれ、脳圧が亢進して症状が出てくる状態
透析導入期に起こりやすい

観察⇒頭痛・嘔気・嘔吐・血圧上昇・下降・痙攣・意識障害など

援助⇒症状が強いときは安静をすすめ必要な日常生活援助を行なうが、状況に応じて、医師に報告し、緩徐な透析条件に変更する。

② 血圧下降
不適切な徐水・血管の調節がうまくできない・心疾患・全身状態が良くないとき・貧血

症状⇒あくび・眠くなる・動悸・脈が速くなる・はきけなど

③血圧上昇
水分や塩分の取りすぎ⇒循環血液量が増加する
レニンが高い⇒過剰に分泌されている人は透析時間ととともに血圧が上昇する
透析中のナトリウム濃度が高すぎる⇒水分をひきつけて血液量が増加し血圧が上昇

症状⇒頭痛・肩こり・吐き気・はく・顔面紅潮・けいれん・意識がなくなる

⇒続きはこちら☆