膀胱洗浄・・・挿入したカテーテルを通して膀胱を洗浄すること
感染の機会を増やすことになるため基本的には行わないが、術後の処置や治療として必要な場合がある。
例)・前立腺などの術後出血や切除片により尿道留置カテーテルが閉塞した場合
  ・腫瘍などの膀胱内出血による凝血塊などのために尿閉をきたした場合などに、排尿障害改善のために行われる。
準備
・消毒薬 ・手袋 ・潤滑剤 ・ネラトンカテーテル ・尿器 ・生理食塩水 ・膿盆
・滅菌カップ ・カテーテルチップ(持続洗浄の場合には、スリーウェイ留置尿道カテー
テル、バルーン固定水、洗浄液、輸液セット、貯尿袋など)

方法
1)導尿の手順に準じて、膀胱内にネラトンカテーテルまたは尿道留置カテーテルを挿入し固定する。
2)滅菌カップに入れた生理食塩水をカテーテルチップで吸い、カテーテルに持続し、膀胱内に注入する。注入後、膀胱内の洗浄液を吸引または自然流出させる。状況に応じてこの処置を繰り返す。
*持続洗浄の場合は、スリーウェイ尿道留置カテーテルの片方に貯尿袋を接続し、もう一方は洗浄液につなげてある輸液セットに接続する。
3)洗浄終了後、カテーテル留置の必要がなければカテーテルを抜去し、持続洗浄の場合は、カテーテルが屈曲しない位置にテープで固定する。

看護のポイント
1)無菌操作で行い、洗浄液は体温程度に温める
2)注入量・排液量・排液の性状の観察
*持続洗浄中の排液量の減少や尿道口からのもれの増加は、カテーテル閉塞の可能性があるので注意する。
3)カテーテルの留置や洗浄によって膀胱刺激症状が出現することがあるので、患者の苦痛の緩和に留意する。また、持続洗浄中は日常生活動作の制限を伴うことがあるので、ADLの援助やストレス・不快感などの精神的なめんへの援助にも配慮する。