電気療法とは:電気療法とは、うつ状態・躁状態・興奮・幻覚妄想状態・慢性疼痛障害などに対して有効であり、薬物療法や他の治療法に較べて速攻性がある副作用の少ない治療法である。中でも薬物療法では効果が不十分な場合や、副作用のために薬物療法をうけられない場合に適している。電気療法は頭部に電気刺激を与える。
 従来の電気療法では、全身のけいれんを生じていたが、向陽台病院では麻酔科医による身体管理のもと、眠っている間に筋肉を弛緩させ、けいれんの起こらない安全な「無痙攣性電気治療」を行っている。