2.消毒およびガーゼ交換の方法

1、 毒およびガーゼ交換を行う時は、使用する物品をすべて用意してからはじめましょう。
2、 施の前には、必ず石鹸と流水で手をきれいに洗いましょう。また、終わった後も同じように手を洗いましょう。
3、 感染を予防するため、消毒薬や綿棒の先端などにさわらないように気をつけましょう。ガーゼの身体にふれる面にもさわらないようにしましょう。また、1度容器や包装紙からとり出したものは、もとには戻さないようにしましょう。

4、 まず、現在貼ってあるガーゼをはがします。急いだり無理にはがしたりすると、皮膚を傷つける場合があるので、ていねいにはがしましょう。特に皮膚が汗ばんでいる時や、絆創膏が皮膚に密着してはがしにくい場合は、ゆっくりと端からはがしていきましょう。また、はがした絆創膏の接着剤が皮膚に残った時は、ベンジンで拭きとり、その後をさらに濡れタオルなどできれいに拭いておきましょう。

⇒続きはこちら☆