《歯ブラシ使用による口腔ケア》
必要物品:歯ブラシ(本人使用のもの)・デンタルフロスまたは歯間ブラシ(必要時)・歯磨き剤・水または微温湯を入れた吸い飲み1個(小さい場合はコップに不足分の含嗽水を用意する)・ガーグルベースン1個・フェイスタオル1枚・舌圧子1本・湯(42~45℃くらい)を入れた洗面器・ウォッシュクロス1枚
  

   <含嗽ができない患者の場合>
     綿棒10~15本またはスポンジブラシ5~6本・微温湯または水を入れた吸い飲み1個・ペンライト・コップ1個
 含嗽ができる患者の場合
① 必要物品を患者のところへ持参する。
② 患者を可能な側へ側臥位にし、安楽な体位とする。
③ 顎の下から両肩部分をフェイスタオルで覆う。
④ 患者の口腔内が見える位置で介助する。
⑤ 歯ブラシを濡らし、歯みがき剤をつける。
⑥ 患者に口を開けてもらい歯みがきをする。
・口が開けにくい場合や、口腔内が見えにくい場合は、舌圧子とペンライトを用いて観察しながら、みがき残しがないようにブラッシングする。
⑦ 必要に応じて歯間ブラシ、デンタルクロスで歯垢、食物残渣を除去する。
⑧ 患者の口もとでガーグルベースンを受け、唾液や歯みがき剤をときどき吐き出させるようにする。
・吐き出させるときは指で口角を下げ、誤嚥を防止する。
⑨ みがき終わったら、顔を横に向け、吸い飲みで水を含んで洗口し、吐き出させる。
⑩ 洗口し終わったら、ウオッシュクロスを洗面器の湯ですすいで絞り、口の周
     囲を拭く。
   ⑪ 患者を安楽な体位に戻す。
   ⑫ 患者の歯ブラシ、歯みがき剤、吸い飲みを洗い、もとのところへ戻す。
   ⑬ ガ-グルベースンは洗って消毒液に浸しておく。

⇒続きはこちら☆